2011年06月

昨日は設備トラブル発生の為、退社時間が午後9時を過ぎていました。
会社を出る時はそうでもなかったのですが、アパートに近づくにつれて雷鳴が轟き雨が降り出しました。
こちらでいうthunderstorms(サンダーストーム)という、激しい雷雨でこの季節この辺りでは良くあります。
そうしてアパート到着約5分前になって、様子がおかしいことに気付きました。
周りの建物は暗いし、信号も点いていない・・・
そう、停電していました。
 
アパートも同様に停電していたので、懐中電灯片手に部屋に入って着替えをして、待つ事しばし・・・。
待てど暮らせど一向に復旧しないので、ビールを飲んで待っても同じ事・・・
同僚と同居しているのですが、“どうしようもないな・・・”ということになり、懐中電灯を天井から吊り下げて、前日炊いていた炊き込みご飯とおかずに魚の缶詰で遅い夕食でした。
 
先日の地震で非難した人たちは、ずっとこんな暗い中で食事していたのかな??と気の毒に感じる夕食でした・・・
 
日本では電力会社や住宅会社が“オール家電住宅”を宣伝していますが、この度みたいに停電したときどうするつもりなのでしょうかね・・・
バックアップでガスコンロでもあれば何とかなるかも判りませんが、なかったらもうそこでアウト・・・
 
結局復旧したのは夜中の3時半ごろだったようです。
 
工場が停電すると生産設備にも影響が及んで大騒ぎになるのですが、それがなかったのは不幸中の幸いでした。
 

今回の渡米直前、成田空港で会社近くのOMさん宅へ持っていくお土産を買っていたのですが、先週末は留守、昨日も留守で昨日お邪魔したとき奥さんから今日は午後からだったらOKとのことで、今日の午後そのお土産を持って行ってきました。
今日は父の日とかで(すっかり忘れていましたが)、OMさんの息子がお孫さんを連れて里帰りしていました。
 
1時間ほどムセン談義に花を咲かせましたが、当局が以前QSOした事のあるOMさんに連絡を取ってくれていたようで、2週間後一緒に行ってみようということになりました。
彼は当局とのQSOを覚えていてくれたみたいで、この度の大地震での津波のことも気にかけてくれていた様なので、我が家は大丈夫だったので心配しないよう伝言をお願いしておきました。
その他ムセン談義として
6mでJAとQSOできたWVの局は3局のみで、キロワットのスーパーステーションのみだそうです。
恐らくJAも同じような設備の局ではないかと思います。
 
今年11月頃にカリブの超珍エンティティからのQRVが計画されているそうです。
皆さんに公開したいのですが、ここは会話の中で十分把握できなかった箇所もあるので、内緒Hi
ここは当局も未だやったことが無い所なので是非ともゲットしたいのですが、果たして日本にいるかどうか心配なところです。 
 
チャールストン(WVの州都でここから30分程度のところ)に、大きなタワーを3本上げてそれぞれに大きなアンテナを上げているスーパーステーションの存在を教えてもらいました。デジカメで写したそのアンテナの写真を見せてもらったのですが、よく雑誌で紹介されている“スーパーステーション”そのものでした。
これまた今回の出張中に行って見ようという話になり、アポのお願いをしました。
 
この近くにDXerが何局かいるようで時々DXerミーティングを各局シャック持ち回りで開催しているとの事。次回開催は未定だそうですが、当局がWV滞在時に開催する時は連絡するので是非来いとの有難い一言。
 
途中ホームメイドのケーキとお茶を頂いたのですが、当局にとってはこれはとても甘かった(甘すぎ)です。
日本で言うところのどんぶり位の皿に一杯だったので食べるのに一苦労で、少し胃もたれしてしまいましたHi。
 
そんなこんなで、有意義な時間をすごす事ができました。
前回出向時はムセン関係は殆ど“封印”していましたが、もしまた次回出向になってもこうやってコネができたし、コンデションも良くなってきているので、相互運用協定に基づいて地元スーパーステーションにお邪魔して、(鳥取の)ローカルとスケジュールを組んでみるのも面白いかなと思いました。
 
最後になりますが、英語のスキルが絶対的に不足しているのを痛感しました。
OMさんが、何を言っているのか全てはわからず、まぁ大体こんなことを言っているんだろうなという所が多々あったのですが、これの半分でも理解する事が出来ればもっと話に花が咲いたのではないかと大いに反省・・・
前回出向時は、“マグレ当たり”で英検2級ゲットまでこぎつけたので、次回出向することになればその間にTOEIC△×△点を目標にがんばってみようかな・・・
今回我が社に採用された通訳さんは、以前英語の先生をやっていたそうなので彼女のサポートも借りて・・・

今年の関ハムはアメリカ滞在の為行く事が出来ず、チョッピリ期待したデイトンのハムベンションも1週間ほどの差でNGでした。
残るは8月末に東京で開催されるハムフェアですが、この時は多分日本にいるのでその気になれば行けそうです。
でも、懸念事項も幾つか・・・
     7~9月は休日が土日から木金に変更(但し土日休む必要があれば木金出勤して代休処理可)
     ハムフェア+観光を少しとした場合、休暇を1日取得しないとしんどいのですが、果たして認めてくれるかどうか???
     カネがない・・・
飛行機の通常運賃では往復60k、JRでは40k・・・
夜行バスだと片道10k程でお得ですが、東京着が6時前後と早すぎてヒマつぶしに困る。
朝の数時間だけ仮眠できるホテルがあればFBですが如何かな??
     宿泊先をどうしようか??
遊びで上京していたときに泊まっていた親類宅は、リフォームの最中で仮引越し中の為泊まるのは難しそう。
これはどこか安いホテルを探せば良いのですが。
     目先これといって欲しいものもないし、ここ数年の催しを見ても同様にこれといって見たいものもない・・・
 
まぁもう少し時間があるので、財布の中身と相談してどうするか考えてみるとしましょう。

帰国は7/28発で、翌29日夕方成田着に。
定刻どおりに成田に着けば、最終の羽田発鳥取行きフライトに何とか間に合うタイミングなので、間に合えばそのまま鳥取に帰り、間に合わなかったら東京泊まりで翌日の第2便で帰鳥です。
今回は諸事情によりこれ以上の滞在はないと思いますがどうなりますか???
 
これ以上の短縮はまずないので今年の関ハムは欠席。
“お楽しみ”のギョーザの王将での昼食会も今年は欠席で、新年の“カニパーティー”に続き今年のお楽しみ会は欠席。仕事とはいえ残念・・・

先日同僚とケイタイの話をしていたら、“アイホン”が云々と言ってきました。
当局は、インターホンのメーカのそれと思ったら、ケイタイのiPhoneのことでした(笑)。
ケイタイは、電話機能だけ付いていればそれで良いと思っている当局にとっては、超多機能で宝の持ち腐れになりそうですが、ワイヤレスでネットが見放題、複数のアカウントでのメールのやり取りが可能、デジカメの画素数が結構大きそう等々、魅力もあるのも事実。
今年のように、海外と日本を行ったりきたりだと、メール確認やブログの投稿に??自宅にあるパソコンを持って空港内をウロウロするのも重たくて苦痛になっているのも事実。
それから開放され、空港内の待ち合わせでヒマをもてあましている時の暇つぶしになりそうなので、今度日本に帰ったら近くのケイタイショップに行って色々と聞いてみようかも思ったりしています。

↑このページのトップヘ