2020年10月

今回のダイポール修理も佳境に差し掛かり、本日は同軸とマッチングボックスのコントロールケーブルの接続でした。


 

バケツ
今回はスチール製のバケツに必要機材を詰め込んでロープで引っ張り上げました。
マッチングBOX
マッチングボックスを取り付けたところ


作業は1時間半ほどで無事終了。

最終的なSWRもほぼ問題ない値に落ち着きました。

ケーブルの処理も最後までやりたかったのですが、Xさんからバーゲンセールに行ってくるよう頼まれていたので、本日はとりあえずケーブルの接続と、仮結束で終了しました。

 

今回の残工事と17m12m4エレのメンテが残っているのですが、明日の天気要は雨なのと、週末は家庭サービスがあるので、工事はお休み。

次天気の良さそうな平日は11/4の様なので、工事はその時にやるつもりです。

これが終われば、今回計画したアンテナのメンテは一通り終了。

これでとりあえず40mから上の各バンドで運用できるようになりました。

もう一息です。

 

夕方は、早速30mZD7MY9G5FI5T5PAFT8でゲットできました。

ダイポールながらもよく飛んでいるようで、今晩と明日の朝の40mも期待できそうです。

ZD7MY
9G5FI

5T5PA


今回のダイポールの修理、地上で出来る作業は昨日までに終わったので、今日コン柱に設置しました。

やり方としては、

 

    面倒ですが、最初にコン柱トップまで登ってマストのトップに設置している滑車にロープを通す。

    一度地上に降りて、それにアンテナの片側を括り付けて途中までひっぱりあげる。

    もう片方をコン柱に立てかける。

    コン柱に登って、アンテナを組み立てる。

    アンテナ取付位置まで登ってロープを引っ張ってアンテナをあげる。

    アンテナをマストに固定。

といった順番でした。

ここまでの写真はありませんが、すべての作業完了後アンテナアナライザーでSWRを確認すると、ほぼOKの範囲内でした。

ここで妥協しないで調整にかかると、何度もアンテナを降ろして、エレメント長を調整しないといけないので、妥協ですHi

ここで、今日の作業はおしまい。

10時過ぎには終わったのですが、思いのほか草臥れて、昼食後は2時間ばかり“爆睡”でしたHihi


40m

40m SWR
 
17m
18m SWR (30mのSWRは写真撮影を忘れました・・・)
12m
12m SWR

明日ケーブルを接続する予定なので、明日中には一通り復活の見込みです。

あとは17m12m4エレの先日焼損したトラップのケースの交換が終われば、今回計画したアンテナメンテは終了。

もう一息です。


20201028_104515
マストのトップに復帰したダイポール

今日は娘の小学校のマラソン大会で、父兄の応援もOKということなので、今日は“就活”の予定でしたが、変更してこちらへ行ってきました。

当局が通っていた頃もありましたが、当時は父兄の応援はなかったように記憶しているので、変わったものですね。。。

 

開会式で先生より、『皆さん、マラソン大会の前に(タイムの)目標を作りました。1番にはなれなくてもそれぞれその目標に向かって頑張りましょう!!』とご挨拶。

このコメント、我々にも言えますねhi

 
天気は快晴に近く、気温もちょうど良く、絶好のマラソン日和です。

軽く準備運動をした後、いよいよ本番。

我が家娘も力走です。

序盤は中ほどを力走していましたが、後半バテテきたようで順位を少し落としはしたものの無事完走。

去年の保育園の運動会のかけっこはトップ独走だったので、短距離向きかもわかりませんね。

いずれにしても、(親バカながらhi)よく頑張ったと思います。

それと、先生のあいさつにもあったように、目標に向かって少しずつでも進むよう、頑張ってほしいものです。


スタート直後
スタート直後の様子


力走する選手
力走する児童たち


20201027_091803
教室から応援する上級生のお兄さんやお姉さん

昼食後、ちょっとお昼寝して、娘が学校から帰宅するまでのひと時、コーヒーを片手に20mFT8をワッチしているとZ60DXQRVしている模様。。。

アンテナをショートパスに向けているのですが、ヨーロッパの局がQSOしているのは見えるのですが、ご本尊がさっぱり見えません・・・

ひょっとして、ロングパスか??と思い、ビームを振るとデコードできるようになりました。次から次にEUをピックアップしているので、おそらくはパイルになっているだろうと思い、空いているところで数回呼んだら拾ってもらえました。

うれしいモードニューです。17mや15mでもQSO出来るとうれしいのですがHW??


Z66DX

空いているところで数回よんだら拾ってもらえました 

他には夕方になってから5E1EC(CN)もデコードできていましたが、こちらは主夫の真っ最中で、隙を縫ってのコールでしたが残念ながらダメでした。

というより、送信をクリックしてシャックを離れていたら、それにリターンがあったのですが、尻切れになっていました。

 

秋も深まりコンデションがかなり上がってきたようなので、多分そのうちチャンスは巡ってくるでしょう。

天気もいいので、一昨日降ろしたダイポールの修理に当初予定通り取り掛かりました。

今日は“想定外”の家事もなく予定通り830頃開始。

 

全てのバンドでSWRが∞なので、恐らくどこかが接触不良かトラップのどこかが同様に接触不良だと思うのですが、目視ではそれらしいところが見当たらないのと、このアンテナのトラップは大凡10年ごとに交換していて、前回はちょうどアメリカ駐在から帰ってきた時で約10年前になり、その時はトラップが劣化していて割れていたものもあったので、すべてのトラップを交換することに。

 

ついでに、スタンドオフ碍子も白濁しているのと、真鍮製??のネジ穴も酸化しているので、新品に交換しました。

 

before
交換前のスタンドオフ碍子

after
交換後のスタンドオフ碍子


やはり、トラップは劣化してクラックが入っているものがありました。

また、トラップを収納しているアルミ製のケース内側は若干酸化していてコンタミが発生していたので、ウエスで拭いてきれいにしておきました。

あと、これは当局の想像なのですが、トラップに接続しているパイプは2重構造になっていて、リベット止めされています。

そこに水が浸入してアルミが酸化して接触不良を起こしたような気もしますがHW??

割れていたトラップ
割れていたトラップ
リベット泊めしてあるパイプ
リベット止めしてあるアルミパイプ
ここから雨水が侵入して酸化し接触不良??


最後に1m程度の高さの脚立にアンテナを架設してSWRを確認すると、地面や地表近くにある車等々の影響で周波数は若干ずれていますが、コン柱に設置したら多分大丈夫でしょう。。。

swrの確認
修理後脚立に仮設置してSWRを確認
40m
修理後の40mSWR 
光の加減でチョッと見難いですが、6.5MHzあたりに最良点があります。 

30m

修理後の30mSWR 
光の加減でチョッと見難いですが、9.9MHzあたりに最良点があります。 
17m
修理後の17mSWR 
光の加減でチョッと見難いですが、17.9MHzあたりに最良点があります。 

12m

修理後の12mSWR 
こちらは良さそうですね。 


全ての作業が終わったら、ちょうど昼になったので本日はこれでおしまい。

次回は、アルミパイプ接合部にテーピングをして、可能であればコン柱に設置の予定。

 

明日明後日の天気予報は雨、週末は子守等々で工事はお休み、来週月曜と火曜は“就活”でNGなので、次回工事にかかれるのは早くても来週水曜日(29日)になりそうですが、もう一息です。

↑このページのトップヘ