2022年06月

40mでの性能を主眼にFT240#43#61のトロイダルコアを使ったコモンモードフィルターを自作してアンテナ直下で半年ばかり使用。

今回のアンテナ更新で一旦降ろして中身を確認したら、うっすらと茶色くなっていました。

よ~~く見ると、どうやらサビが発生している様子。

#43材はサビの発生は見られませんでしたが、#61材のみ発生しているようです。

#43は艶がってコーティングされているようですが、#61は艶が無く素地のままの様なのでサビが発生したようです。

サンドペーパーで磨いて、ラッカーを塗布した後、再度巻きなおしておくことにしました。


さび
右側のトロイダルコア2つの茶色くなっているのが今回発生したサビ

中国地方も本日梅雨明けしたとみられるとの事で、観測史上最も早い梅雨明けとか。

コン柱に登っての作業をあと23回予定しているのですが、猛暑の中ゴソゴソ作業すると熱中症になり、🚑のお世話になるは必至・・・

 

先日コン柱に登った感じでは、日中はせいぜい10時ごろまでがリミットという感じでした。

盆頃までシャックはサウナ状態であまり長時間いる気にもなれないので、コン柱での作業はは回数を重ねても短時間で終わらせなければならないようです・・・

今回のアンテナ変更プロジェクトの最大の要の製作にいよいよ取り掛かりました。

今日は手始めにケースの穴あけ。

ケースにも薄いフィルムが貼ってあって、キズが付かない様になっていましたが、念の為梱包用の透明なテープで2重張りしました。

あと、手持ちのドリルのビットより大きくてリーマで穴を開ける箇所にはタックシールを貼って、コンパスで開ける穴径に合わせて円を書いておきました。

 

レイアウトを決めるのは、CADが定番なのでしょうが、手持ちのパソコンにはCADソフトが入っていないのと、部品点数もそんなに多くないので、実寸大の型紙を作って、グラフ用紙の上に並べてレイアウトと穴の開ける位置を決めました。

型紙
レイアウト検討に使用した型紙の一部

 

レイアウト

グラフ用紙に手書きでレイアウト決定

出来栄えは・・・

予想通り??何か所か穴位置がズレてしまったので、60/100点位でしょうか・・・

仕方無いので、そこは回転ヤスリでケースをけずって合わせましたhi

 

多少見栄えは悪いのですが、商売でやっている訳でもないので妥協するしかありません。。。

穴あきケース
何とか無事穴あけ完成・・・

明日一杯くらいかかるかと思っていましたが、思ったより早くできました。

コン柱への設置はもう少し先になりますが、今の調子だと来週中には完成の運びになるかもわかりません・・・

南側の部屋の網戸2枚が長年の風雨雪の為NGとなり、いつの間にかどこかへ飛んで行ってしまっていました。

さんだけ

いつの間にか網が吹き飛んで無くなっていました・・・

他の網戸もここに引っ越してきてから全く交換していない(ハズ)ので、劣化して破れている個所がチラホラ。

 

網が吹き飛んだ2枚のうち1枚はXさんが使っている部屋にあるのですが、暑くなってきて窓を開けようにも開けることが出来ないので、修理の依頼が・・・

 

という事で、このヒマな折??網戸の網交換にトライすることにしました。

行きつけのホームセンターのHPを覗くと網の交換方法と必要な道具を紹介してあるサイトがあったので、それを印刷してホームセンターへ。

念の為、店員さんに確認しながら、網と合わせて購入。
今回初めて知ったのですが、網目の大きさは何種類かある様で、ムシが入ってこない様にとのXさんのリクエストで一番小さいピッチの網にしました。

工具

今回購入した道具


 

サイトの説明に沿って作業を進めていきます。

手順としては・・・

   網を桟の大きさに合わせてカットして、桟にクリップで仮固定。

網固定

網を桟に仮固定するときのクリップを2個しか買っていなく、洗濯ばさみを使用しましたが強度が弱く弛みが発生してNGだったので、途中で不足分を買いに行くことに・・・

   桟の溝に編み押さえゴムをローラーではめ込む。

押さえゴム仮挿入

   全体網戸全体のゴムをはめたら、再度押さえて溝にしっかりはめ込む。

押さえゴム挿入完

   後は余分な網をカッターで切って完成。

 

完成


はじめてだったので、多少弛みが出たり網の切れ端が残ったりしましたが、マズマズの出来れしたhi
かかった時間は、1時間程度。。。

業者さんに頼むとおそらく1枚当たり¥数k~だと思うのですが、材料費と道具込みで¥2.5K程度だったので、かなり安くできました。
チョット残念だったのが、網の大きさと桟の大きさがマッチしていなかった事。
桟の大きさはだいたい決まっていると思うので、それに合わせて網のメーカーさんが作ってくれればいいのですが、メーカーさんは自分の(JISか何かで決まっているのかも??)都合で??作っているので、モノによっては半分くらい余ってしまうことになります。。。
ここは是非とも改善して欲しいところですね。

 

今回の網戸の様に網が無くなっている網戸が1枚、破れている網戸多数・・・要領はだいたい分かったので、次回以降も自分で交換することにしますが、もう少し綺麗に出来る事でしょう。

本日は残りのダイポール設置。

あまり遅くなると暑くなるのと風が吹き始めて作業性が悪くなる可能性があるのと、ジィサンに朝9時頃から用事を頼まれたので、本日は7時半ごろ作業開始。

コン柱にロープでぶら下げるところまでは昨日終わっていたので、他のアンテナと干渉しない様注意しながらロープを引っ張りダイポールをマストトップまで持ち上げ。

その後Uボルトとナットでアンテナを固定し無事終了。

完成
無事アンテナ設置工事完了です
40M SWR
40m SWR

30m SWR
30m SWR

アンテナ直下のSWRを確認してみたところ、40mはほぼ狙い通りの特性でしたが、30mがイマイチ・・・。

これ以上首を突っ込むとキリがなくなるのと、アンテナチューナーを併用すれば何とか使えそうな範囲なので、これで妥協することにしました。

目論み通り、大凡1時間で終了。

しかしながら終わったころはもう暑くなってきていました・・・



このダイポール、先日隣家より領空侵犯していないか指摘を受け、確認したら1mほど越境していました・・・

和歌山に問い合わせの📱をしたら、キャパシティハットを使った短縮版を製品化していて、改造キットも用意できるとの事だったので、今回の工事に合わせて改造しました。

改造後の回転半径はちょうど5m

隣家とアンテナの回転中心の間は5.2mなので、何とか収まりました。

エレメント交換中
エレメント交換工事
左が交換前で、右が交換後両エレメントの間にあるのがキャパシティハット


短縮したことによる性能劣化はほとんど無いとのメーカーコメントでしたので、あまり気にすることは無いでしょう(多分・・・)

 

ダイポールと3エレの間隔が若干狭いような気もするのですが、どちらのアンテナのSWRは問題なく、3エレをこれ以上下げると、メンテの時シーソーの様にブームを傾けたら9エレと干渉するのでこの位置にしました。

実際に運用してみて、不具合があれば3エレをもう少し下げようと思います。

 

何とかこれでアンテナのセットアップが当初の目標通り一人で出来ました。

後は同軸の設置ですが、秘密兵器導入なのでもう少し時間がかかりそうですが、来月中には多分完成の運びとなるでしょう・・・

 

今回のプロジェクトの完成も、もうあと一息。。。

↑このページのトップヘ