2022年10月

今週末はWW DX PHONE

昨日は出勤だったので、🍺変調後久しぶりにPhone運用をしようとマイクをリグに接続。

FT8の運用を開始してから全くPhoneは運用していなかったので、Mic Gainやプロッセッサーのレベルを調整するも音声が歪み、出力も10W程度しか出ません・・・

夜になっても10mAF方面が良く聞こえていたのに残念・・・

 

気を取り直して今朝もあれこれ調整するも昨日と同じ・・・

マイクはこれしかないので、久しぶりのPhone運用は諦めることに・・・

 

使っているマイクはアスタティックのシルバーイーグルですが、20数年前に秋葉原で購入した年季物・・・
高音が伸びて結構いい音でパイルでもそれなりに拾ってもらえていたのですが、
しばらく使っていない間に経年劣化で素子がNGになり、とうとうSKとなったのかも・・・

 

別のマイクを購入するとしても新品だと¥20k位はしそうだし。。。

Yオクで適当なマイクを見繕ってみようと思いますが、困ったなぁ・・・


CIMG0556
20年以上愛用していましたがとうとうSKになったのかも・・・

昨日あたりまで精力的に運用してくれたこの局。

最初は各バンドとも猛パイルでしたが、後半はかなりすいてきたのと、アンテナを更新した甲斐もあって??当局が運用できるすべてのバンドでゲット出来たので、上出来ですね。

ぜいたくを言えば、CWSSBでもやりたかったのですが、こちらはあまり聞かず、猛パイルでNGでした。

特にハイバンドは、バンドがオープンする夕方から夜にかけては“主夫業”で超多忙なのですが、コンデションが上向き、長時間オープンしていたこともありFBな結果に繋がりました。

次は5Vからの運用を予定しているようで、今日あたりから運用開始の様ですので、また楽しめそうです。

隣家の30mでのインターフェアー対策も急がないと・・・


TY0RU

一昨日あたりから40mFT8に出ているのに気づいたのですが、一昨日は気が付いたのが遅くJAの猛パイル、昨日は起きたのが遅くあまり参戦出来ず撃沈でした。

今朝はWCに行きたくて目が覚めたのが4:30頃・・・

それから30分ばかりウトウトしていましたが、気になり本日出勤にも拘わらず??ゴソゴソ起きだして、シャックへ。。。

 

期待通り今日も40mFT8QRVしていて、JAの皆さんはあまり呼んでいなく、EU方面をメインに拾って様子。

空いているところで腰を据えて参戦開始、10分ばかりして拾ってもらえました。
5Rは嬉しいバンドニューです。

5時半を過ぎて6時近くになると皆さん起きだして、JAの猛パイルになっているようです。

早起きは3文の得ですねHihi

 

ところで、これまではJTDXを使っていたのですが、WSJT-Xも同時にどうさせるようにVPSEを導入して、トライ中です。

まだ完成の域には達していませんが、同時にデコードできるまでにはこぎつけて、比較していますがデコードはWSJT-Xのほうが良いようです。

先日もスーパーローカルのOMさんがカリブやAFと楽々QSOしていて、当局では相手局がデコード出来なかったのですが、そのあたりが要因の一つなのかもわかりません。

今日もWSJT-Xでは5R8ASがデコード出来ていても、JTDXではデコードできないときがあり、急遽WSJT-Xでの参戦となりましたが、使い方が良く判っていないので、これから細かい設定も含めて色々とお勉強です・・・

5r8as on 40m

先日HPFをアンテナ~ブースタ間のブースタ直前とTVのアンテナ端子に装着していただくようお願いし、対応頂きました。

隣家TVのアンテナは屋根裏に設置してあったのですが、屋外に設置頂いたのでこれまでより受信条件は良くなったハズ・・・

 

状況を確認してみると、やはり30mNG・・・

想定内ではあったが、ガックリ・・・

 

あと思いつく対策としては、TVの各ラインにコモンモードフィルタを挿入するくらい。

これで止まると良いのですが、止まらなければまた先日対応をお願いした電気屋さんのお世話になることになりそうですが、来月末まで土曜休みは無い・・・

まだしばらく完全復活は出来ないかもわかりませんが、こればかりは仕方ありません・・・

ノートPCのメモリは発注後23日で到着。

週末まで待つつもりでしたが、🍺変調の折到着翌日メモリ交換にトライ。

前もってサービスマニュアルをメーカーから入手したのでそれに基づき作業開始。

とは言っても、裏蓋に取り付けられているネジを緩めて裏蓋を取り外してメモリを交換するだけなのですが・・・

ここでトラブル発生???

いくらネジを緩めても裏蓋が外れません。。。

ネットで検索してみると、どうやら裏蓋にある爪でボディに固定されている様子。

おいおい、そんな記述どこにもないぞ!!??

 

ネットで紹介されている事例には爪を破損する覚悟で強引に取り外したり、正式名は忘れましたがギターを演奏するときに使う爪??を使ったりした事例が紹介されていました。

当局は精密ドライバーを裏蓋とボディの間に差し込んで少し隙間を作り、その隙間にもう一回り大きな-ドライバーをさらに差し込んでこじ開ける方法を選択。

多少ボディに傷はつきましたが、爪を破損することなく裏蓋の取り外しに成功しました。

後はメモリを交換して再度裏蓋をはめてねじ止めして10分程度で作業終了。

 

タスクマネージャーで動作状況を確認してみると、目論見通りメモリの使用量は25%程度となり、普段使うアプリでも動作が早くなった感じがします。

JTDXを運用していてもデコードするスピードが少し早くなったようです。

 

デスクトップPCを買い換えようかとも思いましたが、それなりに??動作しているようなので、買うのはもう少し先にして現状のシステムで運用することにしました。

 

可能かどうか??ですが、WSJT-Xとの同時動作にトライしてみたいと思いますが、土曜の休みが殆どないので、年末年始の休暇になりそうです。

 

それにしても、このメーカーのマニュアルは、肝心な記述がなくかなりいい加減な印象。。。

サイトの記述も所々間違いがあったりで、結構いい加減なので次はもうないな・・・

メモリ交換前タスクマネージャー
メモリ交換前のタスクマネージャー
メモリ使用量がほぼ一杯・・・


メモリ交換後
メモリ交換後のタスクマネージャー
メモリの使用量に余裕が出ました

↑このページのトップヘ