2023年01月

夕方いつもの様に🍺変調をかけながら夕食準備をしていると隣家ご主人が御出でに・・・

恐らくTVI対策の案件だろうと思っていたら、大当たり!?

良い方向に行くことをチョッピリ期待していましたが、端的に言うと今後一切の対応は拒否するとの事。

また、障害が発生する周波数での運用もやめてくれとの事。

 

ある程度想定はしていましたが、ガックリ・・・

 

まぁ、ベアフットではTVIは出ないのか確認が取れているし、姑息な手を使いましたが、障害が出るバンドも500W程度だったら大丈夫の様なので、完全に息の根を止められたわけではないのがせめても救いでしょうか。

気になるのが、蛍光灯??スタンドが勝手に点灯することがある様で、こちらがどれ位の出力で障害が発生しているのか気になるところですが、これ以上の対応を拒否された以上確かめる術ばありませんので、クレームが来た時に対応するしかなさそうです。

80mでのWi-Fi Iも気になるし・・・

 

まぁぶっちゃけ、何かとこれ以上関わり合いを持ちたくなかったのと、FT8だったらベアフットでも順番を待てば、何とかQSO出来るケースが多いので、最悪ベアフットでも良しとしなければなりません・・・

 

でも、理不尽だと思うのが、99分障害を受けている側に原因があるのに、何でこちら側が悪者にならないといけないのか??

放送局等プロの無線局だったらまた違った対応を取っていたと思うのですが、所詮素人の道楽なので??大きなことが出来ないのが現状ではないでしょうか??

 

一昔前の様にスプリアスやスプラッターといった送信側の電波の質が悪くて障害が発生しているのならわかりますが、被障害側機器の妨害排除能力と思われる問題でこじれた今回のケース。

納得いかないというか理不尽というか、なんだかなぁ・・・

こういった電波行政に詳しい政治家が首相にでもなれば、話は別でしょうが当分無理な話だろうな・・・

一通りアンテナの準備が揃い、運用を再開したので、新アンテナの使用感をまとめてみました。

 

80mスローパー

垂直系という事もあってか、まぁーとにかく聞こえません。。。

しかしながら、飛びはまずまずの様で、FT8でこちらから送るレポートより、相手から送られてくるレポートのほうが数dBから10dB程度良いケースが多いようです。

水平系の受信アンテナが欲しいところですが、コン柱にこれ以上のアンテナは難しいので、悩ましいところです。

160mではループアンテナの実用例があるようですし、受信専用で釣り竿を使ったロータリーダイポールが面白そうです。

昔愛読していた月刊59に釣り竿を使ったアンテナの製作記事があった様な気がするので、探してみようと思います。

まだ先の話ですが、関ハムとかに掘り出し物で良いものがあると良いのですが・・・

 

あと、強風が吹くと、エレメントと八木の同軸が接触してSWRが悪化することがある様で、これも一工夫必要です。

八木のビーム方向によっても同じ現象が起きるのですが、こちらはビームを変えて回避。。。

気になるのが、ベアフット運用にも関わらず、Wi-Fiの接続が切れる事。

風の噂では、どうもご近所さんでも同様の現象が起きているらしい・・・

自宅でも50W出力程度で同様の現象なので、気になるところ。

アンテナ側コモンモードフィルターはFT-240-431個に3D相当の同軸を巻いただけなので、効果が不十分なのか、垂直系アンテナはインターフェアーに弱いという事を聞いたことがあるので、その影響なのか??

幸いにも手持ちであと数個FT-240-43トロイダルコアがあるので、3個位並べてコモンモードフィルターとしてトライすることに・・・

ダメモトで上げたアンテナですが、せっかくなので良い方向に行けばいいのですが・・・

 

40m30

これまではエレメント長約12mのロータリーダイポールを使っていましたが、隣家に領空侵犯を指摘され、エレメント長約10mで先端をキャパシティハットタイプに改造。

レメント長が2m程度短くなりましたが、さほど影響はない感じです。逆にキャパシティハットの位置を調整することにより共振周波数を調整することが出来るようになったので、調整が容易になりました。

幸いにも、狙った周波数で同調したので、調整はしませんでしたが。。。

このアンテナ、20年近く使用しているので、所々ほころびが出始めたようです。

スペアパーツとして、ローディングコイルをいくつかストックしてNGになったら交換して、使い切る構想でいましたが、そう遠くないうちに寿命を迎えるかも??です。

ムセン業界の会社が諸事情により時々廃業しているようなので、このメーカーが万一そうならないうちにもう一基ストックとして持っておいた方が良いかも??

 

その他のバンド

ローカルスーパーステーションのOMさんとFT8で聞き比べてみると、ほぼ同じかこちらの方が数dB下回っている感じ。

これまでは5~10dB位下回っていたので、大幅な改善となりました。

dB程度の差だったらCWSSBではほとんど変わらないでしょう。

聞いてみても、コンデションが良くなってきているのもあると思いますが、かなり弱い信号までデコードできているようです。

FT8をワッチしているとき、JAの皆さんが送っているレポートと当局が受信しているレポートを比べて、QRZ.COMにアンテナが載っているOMさんと受信レベルを比較してみると、一概には言えないものの15~20mクラスのタワーに45エレ程度のトライバンダークラスと、こちらもほぼ同等かやや劣る印象。

17m12mで、FT8のキロワット運用をしているとトラップが溶損するトラブルが頻発していましたが、今回導入したアンテナはキロワット連続運用が可能なので、大変使いやすくなりました。

地上高が低いのと道路の反対側に電線が走っているので、建物や電線の影響があるのかもわかりません。ここ数年相次ぐ大きな台風や地震といった自然災害を考えると、これ以上地上高の高いタワーを使う元気はなくなってしまったので、ここはこれで妥協するしかありません。

 

マストの上げ下ろしは一人では無理なので、ユニックをチャーターしましたが、後はほぼ自力で対応した甲斐がありました。

今後手が届かないところのメンテナンスは、高所作業車を使わないと難しいのと、お隣さんから領空侵犯のクレームをつけられているので、今年は高所作業車運転技能講習を受けて、高所作業車での作業が出来るようにすることにしました。

レンタル料をレンタル会社何社かに聞いてみましたが、かなり差がある様で、その時は業者を片っ端から問い合わせで相見積もりですね。

先日の寒波が過ぎ去ったと思ったら、第2陣がやってきました。。。

今朝出勤前の身支度をしていたら、勤務先近くに住む同僚から📱。。。

何でも、太もも位迄積雪があり、🚙の雪かきに手間取っているとのQSP

勤務先周辺も大雪で通行に支障が出る恐れがあるため、有給消化で休んでも良いとの事でしたが、もったいなので当局は出勤を選択。。。

こちらは10センチあるかどうかなので、いささか驚き、道路情報を確認すると高速も利用区間ではないものの一部通行止めになっているので、大急ぎで7時過ぎに出発。

 

週末という事で、いつもより🚙通行量は少ないものの、道路は圧雪状態でゆっくりと走行。。。

高速の通行止め区間が伸びるのを心配しましたが、通行止めにはならず、いつもの出口で高速を降りたら、再び📱

 

やはり、勤務先周辺は大雪で🚙の通行に支障をきたし、通常の業務が出来そうになく、臨時休業になったので、引き返してくださいとの事。

 

勤務先近くに妹が住んでいるので、帰宅後様子を聞いてみたら、かなりの大雪になっていて、50~60センチは積もっているようで、道路の除雪も追いつかず、2車線の所が、1車線分しか除雪していないとか・・・

 

自宅周辺も朝のうちは10cm程度の積雪でしたが、さっきXさんの🚙の積雪を測ったら23cmでした。

CIMG6795

1500現在のアメダスでは地元気象台積雪が37cm、山間部の智頭が73cm(最深86cm)なので、今回も山雪の様です。

 

まぁ、こんなんだったら休業になっても仕方ないですね。。。

 

 

ついでながら・・・

先日の寒波襲来の時はとても寒くて、1/26の地元気象台観測の最低気温は‐5.2℃でした。

DSC_1182

会社に着いたとき、車の温度計は‐7℃、走行中は-8℃まで下がって寒い一日でした。

10年に一度くらい??の寒波という事で、やってきました・・・

昨日夕方あたりから本格的に降り始め、帰宅時は猛吹雪。。。

いつも使う高速も通行止めかと覚悟しましたが、何とか通行出来ましたが、高速に乗るときは、帰宅方向と反対方向は通行止め、出口を降りた時も両側の入り口に通行止めの看板を立てていたので、ギリギリセーフだった様です。

 

今朝は5時起きで雪かきをしましたが、積雪は10cmほどと大したことは無くホッとしましたが、いつも通勤に使っている高速が通行止めになっているので、一般道を使っての通勤になり、時間が読めないので、7時ごろ出発予定です。。。

チョット気が早いのですが、ネットサーフィンして今年の関ハムの日程を確認すると、715日・16日両日開催の様です。

勤務先カレンダーを確認すると、7/157/17の3連休。

この頃Xさんの泊まり勤務があるので、関ハムに行くとなれば16日になるかも・・・です。

政府はゴールデンウィークの頃に感染症の分類をインフルエンザ並みの5類への変更の検討を始めたようなので、何もかもがコロナ前の様にはいかないかもわかりませんが、久しぶりに大阪に行くことが出来そうです。

皆さんとお会いして、“高級割烹”での大宴会と、帰りのバスの待ち時間に大阪で暮らしている甥っ子君と🍺を飲みたいものです。

↑このページのトップヘ