2023年08月

そろそろ9月になろうというのに毎日の最高気温は35℃近く。。。

今日も最寄りアメダスの最高気温は34.6℃、気象台では35.1℃だったそうです。

今日は先日の健康診断で引っ掛かった〇※癌検診の予約でAM中は某病院へ。

PMは昼寝の後、所用で出かけなければならなくなったのですが、車の温度計は40℃⤴⤴

もう体温を超えていますね。。。

CENTER_0001_BURST20230829142716936_COVER

帰宅後シャックでチョット工作しようと思ったらこちらも35℃⤴⤴

 

CIMG7159

工作終了後のシャック内温度は≒37℃・・・ 



ホント猛暑を通り過ぎて、酷暑状態。。。

まだこの状態がしばらく続きそうですが、一体いつになったら涼しくなるのやら・・・

Xさんの2回目コロナ感染と時を同じくしてゲットした食あたり??から3週間位立ちました。

それからずっと腹の調子がイマイチだったのですが、この23日でやっともとに戻った感ですが・・・

 

食あたりになるまでは、猛暑の最中美味しかった🍺🍺が全くと言っていいほど美味しくありません・・・

吞んでも350ml缶を2本も飲めば十分で、ぶっちゃけ、これまでの半分くらいですね・・・

家計と体調には良いとは思いますが、吞むのは健康のバロメータとか固く信じていた当局にとっては、良いのか悪いのか???

 

そうそう、火曜日には※※病院に行って〇〇癌の検診の為、消化器内科を受診することになっているので、この件もチラッと聞いてみることにしましょう・・・

56年前、某OMさんより購入して以来、ノントラブルで快調に働いてくれていましたが、本日12mE51Dを呼ぼうとしてリニアオンにしたら・・・

 

コントローラーの運用する運用バンドを表示するLEDが暴走(バンド切り替えSWの暴走??)。。。

その後、アンプ本体から何やらきな臭いにおいが・・・

どうやら何かしらの電子部品が焼損したようです( ;∀;)
シャック内はサウナ状態だったので、半導体の熱暴走??orRFの回り込み??

出力も出なくなり、どうやら壊れてしまったようです。。。

 

今となってはこのアンプもかなり古参になり、製造終了後10年近く経っているハズ。。。

I社では製造終了後10年たつと修理を受け付けてもらえなくなるので、要確認ですね。

とは言っても、最低でも恐らく¥数10kはかかると思うので、何かと出費がかさみそうな今年はチョット無理かも???

 

昨日変更申請したアメリトロン社製AL-1200が無事OKになるのを願うばかりです。。。

 

電子回路をふんだんに使いオートチューンなのはVy FBですが、今回のようになることがあり、難しいところですね。

手動でチューンを取る煩雑さはありますが、シンプルな真空管式アンプのほうが逆に使い勝手は良いのかもわかりません。。。

全くと言っていいほど進展しない隣家へのアンテナ越境とインターフェアー問題。。。

ここ最近何も言ってはこないのですが、全く聞く耳を持たず、交渉にもならないので、34県弁護士会の法律相談に今日行ってきました。

取り方によっては、法律の解釈も変わってくる可能性特大なので、詳細は省略しますが結論としては、『何も言ってこないのであれば、(障害が出ていないと解釈できるので)ほっといても良いのでは??』とのアドバイス。


今日新しいリグにリニアを繋ぐ変更申請(届け)を投函してきたので、早ければ来週中には処理は終わる見込み。。。

なので、総通の処理が終わったら、その他ご近所何件かにインターフェアー調査票を配布して、障害発生の有無を確認し障害があるようだったら対策をお願いすることにしました。

とは言っても、これまでもリニアオンで何回も運用していますが、苦情は無いのでインターフェアーの発生はないと思います(多分)。。。

何か隣家が言ってきたら、これをエビデンスに障害が発生しているのは隣家だけなので、何とか対応させてもらえないか交渉ですかね。

 

今日お話しした弁護士さんも『今後何かあれば(費用か掛かりますが)相談には乗りますよ』とのお言葉も頂いたので、何か隣家が言ってきて対応できない内容だったら相談に行ってこようと思います。

とは言ってもそこまではしたくありませんが・・・

一昨日の学科座学に続き、本日は実際に高所作業車を使っての実技講習。

自宅から30分程度の所が会場で、開始9:00だったので少し早めの8:00頃自宅発。

 

想定通り30分ほどで到着し、受付を済ませ今日の為に準備していたフルハーネスを装着開始・・・

 

数日前自宅で練習した時はうまく装着出来たのですが、いざ本番になるとうまく装着できず狼狽( ;∀;)

見かねて、同じく受講している20代前半のお兄さんが助け舟を出してくれて何とか無事装着Tnx お兄さん・・・

 

一昨日は、講師の方も高所作業車に乗って指導して下さるとのお話だったのですが、一緒に乗っての指導は最初の一回のみとの事。。。

 

あとは他の講習を受けている方の操作をみて覚えてください・・・だそうで。。。

 

実技のトップバッターは当局。。。

触るのは今日が初めてなので、想定内ながら操作を間違って狼狽の連続Hihi

何とか一通り終えた後の講師のコメントは、『減点の連続でしたね(笑)・・・』だそうで。。。

他にも幾つか指摘されたので、他の講習を受けている方の操作を見ながらシュミレーションを頭の中で描きながら復習。

順番に操作の練習をしたのですが、23回練習をしたら昼食タイムに。

午後からも2回ばかり練習したら、修了試験へ突入・・・

 

講師の口ぶりからして、操作を間違っての減点よりタイムオーバーしての原点が少ない様だったので、時間をかけてでも一つずつ確実に操作する戦略に・・・
当局が2アマを受けた時はCWの操縦実技があったのですが、その時も誤字脱字よりもタイムオーバーの減点が少なかったような気もしたので、当時を少し思い出しましたHIHI

それでもいくつか操作ミスがあったものの無事合格の判定を頂きました💪💪💪。

これで何とか高所作業車を操作できるようになりましたが、今日の練習はバケットを動かすところだけ。

実際に現場で車を止め、アウトリガー(車側面に張り出して車を浮かせて固定するジャッキみたいなやつ)の操作は無かったので、これは実際に高所作業車を操作する時ですね・・・

 

今日の講習で感じたのは、何をするにしても“指差し確認”安全第一なので当然と言えば当然ですが、何かしら操作をしようとしたらその操作の進行方向と目標物を指差し確認でした。

列車の運転士さんが何かしら操作しようとしたらとにかく指差し確認しているのを見かけますが、同じことですね。

あと、受講しているのは電力・CATV関係が多いのかと思っていましたが、受講している方が着ている勤務先作業服やヘルメットを見ている限りでは、農林・造園関係が多い印象でした。
どちらも高い木の枝打ちや選定のニーズが高いのではないかという印象でした。
ムセンという言わば”道楽”の為に??来ているのは勿論当局のみでしたHi

 

“指差し確認”は兎も角、前もって安全確認(けが防止の安全に限らず)は普段の仕事にも言えることではないかと感じました。

 

有給2日消化、投資費用¥〇※kと公私とも結構な出費でしたが、無事合格してヤレヤレ一安心です。

↑このページのトップヘ