2024年04月

1年ほど前、和歌山のアンテナメーカーが廃業するとアナウンスがあり、想定内とはいえ驚きをもったニュースでしたが、今度は“MADE IN USA”MFJ社が関連会社も含めて廃業とのアナウンスがあったらしいです。。

詳細は、こちら

 

経営者が高齢で跡継ぎがいなかったのか??かの地でもハム人口が減少して商売として成り立たなくなったのかわかりませんが、残念なニュースです。。。

我シャックにも20数年前に購入して現役のアンテナアナライザーMFJ-259Bと2年ほど前Yオクでゲットして現役バリバリのAMERITON社製リニアアンプAL-1200が鎮座しています。

リニアの修理はプロの業者に依頼すればどうにかなりそうですが、アンテナアナライザーは類似製品で気にいった製品がなく、今後のメンテを考えると心配が大きいですね。。。

今すぐ壊れるものでもないと思いますが・・・

IMG_20240429_200513


IMG_20240429_200703
シャックに鎮座しているAMERITORON社製リニアアンプAL-1200と
アンテナ性能確認に重宝しているMFJ-259B

先日購入したLCRメータ。

測定精度と使用感はどんなものかと早速コイルのインダクタンスとコンデンサの容量を測定してみました。

 

インダクタンスが既知のコイルは無いので、FT240-4310回巻いて時々インピーダンスの確認に利用しているサイトでインダクタンスを計算してそれと比較することに。

コンデンサーはフィルムコンデンサー??が2個手持ちであったのでそれを測定することに。

 

精度はそんなに要求しないので、測定用のリード線は手持ちの導線にバナナプラグとワニクチクリップをそれそれ半田付けして自作しました。「

 

取説を確認すると、テストリードを解放した状態と短絡した状態でキャリブレーションする様指示があったので、先ずはキャリブレーション。

20数年前、各種ケーブルの性能評価をする仕事をしていたことがあり、¥数百万する測定器でも同様にキャリブレーションを取って測定していたので、好感が持てます。

 

IMG_20240428_210416
測定リード線オープンで較正中
IMG_20240428_210617
             測定リード線ショートで較正中


測定結果は・・・

コイルは約102μHで、インピーダンスを計算するサイトでインダクタンスを計算してみると、107.5μHと出ましたので、こちらも正確に測れているようです。

IMG_20240428_210828
インダクタンスの測定結果

ft240インダクタンス
インダクタンスをサイトで確認してみるとほぼ同等の値でした


2.2μFのコンデンサはほぼ同様の測定値、1μFのコンデンサも同様でした。

IMG_20240428_211132

IMG_20240428_211139
2.2μFコンデンサ測定結果


IMG_20240428_211232

IMG_20240428_211243
1μFコンデンサ測定結果



 10k程度で、実用上十分な測定スペックなので今回は良い買い物でした。

早いところでは昨日から世間ではゴールデンウィークですが、弊社はカレンダー通りで今日明日の2連休と5/35/64連休( ;∀;)

初日の今日は、40m30mSWRが∞となったロータリーダイポールの修理にトライ。

このアンテナ、ほかにも17m12mも運用できるのでそちらのSWRを確認すると正常なので、怪しいのは一番外側にあるトラップと検討を付けました。

当初は全てのトラップの交換を考えましたが、原因は恐らくトラップコイルとアンテナ本体との接触不良と想像できたのと時間短縮の為トラップ交換は辞めて接触部の再点検に焦点を当てて時間短縮を図る様作戦変更。。。

雑用を済ませて朝8時ごろより作業開始。

しばらく前まで胴綱一本で登っていましたが、12年前から高所作業の規則が変わり、胴綱一本ではNGとなったので、フルハーネスとランヤードを着用。

ついでに??アンテナを何本もマストに取り付けていると、不用意に頭をブームにぶつけそうなので、ヘルメットも着用しました。

想定通り??ブームに頭を何回かぶつけ、ヘルメットのお世話になりましたHihi

それから胴綱一本だとマストに取り付けているアンテナの上に登るとき胴綱の安全帯を外す必要があり、その間しばらくは腕一本で命を支える必要があり危険を伴いましたがフルハーネス&ランヤードを併用することにより、最悪の事態が起きても地上まで落下することは無く安全性の向上を図ることが出来ました。


IMG_20240428_080512
今回使用した安全装置一式



ここまでは良かったのですが、最初にコン柱に登った時アンテナを固定するロープを持って行くのを忘れていたり、ここ最近の多忙で??体力が落ちたのか途中で息切れしたりで、思いのほか時間を浪費。。。

何だかんだと作業が終わったのは昼近くになってしまいました( ;∀;)

IMG_20240428_095353
メンテ前のトラップ固定部
長年の風雨で接触不良になっていたようです。

IMG_20240428_100649
メンテ後のトラップ固定部



SWRを確認するとかなり低い周波数に同調点がシフトしてしまいましたが、リグ内蔵のアンテナチューナーを併用すれば何とか使える範囲なので妥協しましたHi・・・

IMG_20240428_194524

IMG_20240428_194615
メンテ後のSWR値



これで草臥れ果てて、昼食後は爆睡でしたHIHI

 

キャパシティハットの位置をずらせば共振周波数は変わると思うので、気が向き且つ、スケジュールが可能であれば連休後半に再度トライしてみるつもりです。

追記)
29日朝目が覚めると肩が痛くて上がりません( ;∀;)
天気予報では午前中何とか持ちそうなので、早い時間から昨日の続きに向かってみようと思っていましたが、チョット無理・・・

連休後半の天気が良い日にトライしてみようと思います。。。

今朝は久しぶりに5時過ぎに目が覚めたので、を沸かしてシャックへ。

クラスタをチェックするとTT8XX80mにアップ。

早速チェックすると-5-20程度でデコードできているので、ダメもとで早速するも猛パイルなのと、パスのベストタイムは過ぎていたようで、しばらくすると聞こえなくなってしまいました( ;∀;)

 

因みに今日の日の出時刻を調べてみると516

日の出時刻がかなり早くなってきているので、本気で狙おうと思ったら4時ごろには起きてワッチしていないと難しいかも・・・

今月末までの運用だったハズなので、28日と29日は4時目標で早起きしてみるかな・・・

 

とはいえ、この時期アフリカが聞こえたのは大きな収穫でした。

運用開始直後は猛パイルで相手にしてもらえませんでしたが、21日の朝に17m20mでゲット出来てからは、各バンドで何とかゲット出来ました。

80mは設備面とコンデションが難しそうですが、30m40mもぜひゲットしたいところですが、アンテナがNG( ;∀;)

天候が良ければ28日に修理を計画しているので、間に合えば良いのですが・・・

tt8xx


TT8XXの追っかけをしているときに15m5A1ALZ81Dが、10mではS01WSもお出ましに。。。

どれもバンドニューなので、何とかゲットしたかったのですがNG( ;∀;)

特に5A1ALはローカルからのQSPでは当局にリターンがあったそうですが、こちらではデコード出来ず、惜しいことをしました。

まぁどちらとも時々運用している様なので、次のチャンスに期待・・・

↑このページのトップヘ