存在自体は昨年夏に同僚がクビに付けて仕事をしているのを見かけ、ファッション??でしているのかと多い、聞いてみたら熱中症予防で着けていると教えてくれました。

 

娘も外で遊ぶときの熱中症対策で昨年夏は、クビにぶら下げていて、正式名称を知らないので“ヘビ”みたいな首輪と勝手に名づけ。。。

 

10日ほど前に異動となり、基本屋外での仕事がメインになるので、熱中症対策に当局も導入してみました。

 

100均やスーパーの店頭に色々と並んでいるので、どれが良いのかサッパリわかりませんHi

その中でもチョット値段は張りますが、冷却時間約4時間、首輪内部の液体が凍るのに必要な時間約20分等々具体的な数が書いてある製品をチョイス。

 

梅雨時の為曇りながら30℃越えのなかで仕事の時早速使ってみました。

着用直後は冷凍して凍っているのでヒンヤリ感抜群ですが、1520分程度でしょうか・・・

IMG_20240704_195052
ヘビみたいな首輪着用直後

IMG_20240705_150406
猛暑の中だと1.5~2時間程度で溶けてしまうようです。


とは言っても首輪に充填してある液体の凝固点は25℃くらいだそうなので、冷却効果自体は続いている様で、汗が噴き出して・・・という事はありませんでした。

持続効果は使用環境にも依るものの4時間程度とありましたが、さすがに炎天下だとそこまでは行かず、1.5時間程度で充填してある液体が全て溶けてしましました。

そこは想定内だったので、もう1個購入して、会社の冷蔵庫の冷凍室に保管しておいて、頃合いを見て交換することにしました。

 

特に6日の地元気象台が観測した最高気温は36.3℃、勤務先は少し山間部になるので、そこまでは行かないにしても35℃近くになったのは容易に想像できますが、体感的にはそんなに暑く感じず、水分補給をしながら仕事は無事終わったので、効果はあったようです。

 

今日は、夏季休暇に予定しているアンテナ工事の前準備で630頃からコン柱に登って1時間余り作業。


今日は一緒に仕事をしているOMさんにQSP頂いた“アームカバー”も使ってみました。

CIMG7503
清涼感があってFBです・・・


効果は・・・

最寄りアメダスでは7時には30℃近い気温になっていたので、我が家もそれに近い気温になっていたと思いますが、“首輪”とアームカバーを併用することにより、これまでの様に作業が終わったら汗びっしょりになって草臥れ果ている・・・という事はなく、暑いながらも順調に作業が進みました。

 

工事本番の時は一番暑い盛りなので、こまめに休憩を取り、熱中症に注意しないといけないのは当然ですが、これまでの様に暑さで汗びっしょりになり草臥れ果てるという事はなさそうです。。。